2010年07月04日

お久しぶり

こんなに、ブログを放置したのは、初めてですわんあせあせ(飛び散る汗)

母の手術は、無事終了して、ただ今、リハビリの毎日です。
今は、もう、腰の痛みや坐骨神経痛のびりびり感、すべてなくなっています。
ひどい時は、45度に背中が曲がって歩いていたけど、今はまっすぐな姿勢。
ただ、3ヶ月間は、コルセットをはずす事はできないの。

ブロック注射も効かない程の痛みや強いびりびり感がなくなったのだから、我慢しなくてはねぴかぴか(新しい)

みのもんたさんの手術で有名になったこの病院の脊髄・脊柱センターに、 全国から患者さんが集まって来ています病院









DSC_6828.JPG

DSC_6836.JPG

ナナは、元気がありあまっています。
私は、全くお散歩には、行っていないし、土日のパパとのロング散歩も
母の病院へ行っていたり 雨だったり・・・

憂いを秘めた表情に見えるなぁどんっ(衝撃)





DSC_6818.JPG

我家は、メイのために、1年中温度25〜26度。湿度65%位にしています。
湿度も下げすぎはいけないの。

冷え症の私は、今でも七分袖のTシャツ、長いジャージ、靴下をはいているけどね。

先週、定期検査に病院に行った時の事。

車の乗ってのお出かけは、病院だと分かるメイは、車内で軽く吠えていました。
駐車場から、病院まで、100m近くある道をカゴに入れ、歩いていきました。
まとわりつくような蒸し暑さ顔(え〜ん)

病院に着いた時は、メイは、はーはーしていたけど、いずれおさまるかと観察。
30分過ぎてからは、受付に言おうと思いつつ、目の大きさも両目変わらず、舌は、紫色が濃くなっては いない。

             う〜ん・・・・・

結局、呼ばれる1時間を待ってしまったら、先生は、「すぐに酸素室へ入れますから 外でお待ち下さい。」

しばらくして、ネプライザーもしてもらって、落ち着いたメイ。

先生には、「この状態なら、すぐに受付に言って下さい。」と言われて、我慢させて、かわいそうだったなぁと反省ふらふら


そして、帰宅して、しばらくして、あひるのような、がーがーという咳が始まる。
それでも、処置を受けてきたからと様子を見ていたけど、治まらない。

再度、病院へ。入院となりましたもうやだ〜(悲しい顔)

翌日の昼頃、「夕方にお迎えに来て下さい。」


結局、以前に撮影したより、心臓が又、肥大している事。
気管虚脱も悪化。
気管支の息を吸った時と吐いた時の写真により、吐いた時、気管支の先が、つぶれ、わずかにしか、開いていない事も確認。

そして、梅雨前線のため、頚骨の神経症状も悪化。
と重なりあった原因。

まる1日で、ネプライザーを8回使用して、点滴しながら、酸素室にいたとの事。

でもね、今、フードファイターとなっているメイは、多めの夕食も朝食も完食。
息苦しくても、先生もびっくりする程のしっかりと食欲ありグッド(上向き矢印)

これぞ、生命力の強い印とうれしかった私わーい(嬉しい顔)


その夜の事。
利尿剤を点滴されていたメイは、夜、オシッコに行きたくて、何度も私に合図をして ベッドからの上げ下ろし。
「オシッコシートに行かねばならぬexclamation×2
その根性は、見上げたものよClap

ただ、私は、うとうとしただけで、朝が来たモバQ

だから、その夜は、いつも昼間寝ている、大きな無印のクッションに寝かせようと、2階に運んだけど、メイの猛烈抗議のわんわん吠えに、負けた。。。


私達のベッドが、メイの夜寝るベッドなんだね。
これは、私達がそうさせてしまったのだから、責任はとらなくっちゃ顔(汗)

メイは、薬は増えたけど、室内をトコトコ歩いているし、いつも通りの様子。
食欲も、がっつりあるしねるんるん




DSC_6511.JPG


この姿、和むなぁ黒ハート














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のひとりごと




国際バッチフラワーのレベル1の講座を受けているけど、なんて、頭の回転が悪くなったと思う。

先生の話しているポイントを、ノートに書くのが遅い。

あっ!もう、次の話あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

宿題も出る。
皆さん、真剣に取り組んでいらっしゃる。

60代の方の先日の発言に、私は、しみじみ思った。

いくつになっても、やる気さえあれば、学び覚え、発展させる事は、出来る。

いくつになっても、遅いという事はない。

DSC_6844.JPG


DSC_6846.JPG

私は講座の他に、月1で、個人のコンサルテーションも受けている。

講座を受けるにしても、自分が使用してきたレメディは、分かると思っていた。

でも、講座を受けると、1本のレメディの意味の深さに、分かっていたつもりで
理解していなかったと知る。

38種類のレメディのうち、使用した事がないのは、8本。

よく、使用するものは、もう3本めのもある。



故ダイアナ妃にも、バッチフラワーレメディの専任者が、そばに仕えていたという。
ダイアナ妃の心身の復活の大きな助けになったレメディ。(ダイアナ妃の手記より)


レベル1の講座は、7月で修了。

さてさて、もっと、理解を深めたいと思いつつ、はらはらと忘れていくような・・・

        大丈夫かモバQモバQモバQ

       









私にとって、母の病院に行く事。

講座に通う事で、一杯・一杯の日々。

家事は・・・見ない。見えないふり〜


ブログが、復活できたのは、ペースがつかめたのかもしれない。

お友達、読み逃げ、ごめんね。楽しませてもらっていますかわいい

心配をしてくれたお友達、めちゃくちゃうれしかったです揺れるハート

どうも、ありがとう黒ハート

これからもよろしくねぴかぴか(新しい)





























ニックネーム えり at 17:50| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする