2010年06月08日

心配なこと

5月末、暑い日の後、急に寒くなって、風邪をぶりかえし、おなかにまでもうやだ〜(悲しい顔)
しかも、まだ治らない!

これって、風邪からのピーピーだけじゃなくて、心配事を抱えているからじゃないかなぁ?

私もメイも気温の激変や気圧の変化に敏感。
メイも咳き込む事があり、抱くとゼロゼロと、胸から、音が聞こえました。
こちらは、心臓・気管支からで、回復。

でも、細い尻尾の一部が、急に潰瘍状になって出血。
治ったと思ったら、おととい、違う部位から、出血。
耳のつけねは、いぼの所から、出血。

そんな事が、続いているのどんっ(衝撃)


更に、皮膚治療のための飲む抗生剤が、メイには合わず、始めは食欲減退、更に嘔吐が続き、変更。

それに、傷口に薬を塗る時、嫌がるから、痛いのだろうなぁ顔(え〜ん)

みんな、想定内の事。
分かっているのだけどね・・・



DSC_6805.JPG

今は、嘔吐もないので、「ごはんちょうだい!」とがんがん吠えています。
食べたい!って、気持ちは、何より大切よね。




DSC_6795.JPG

休日は、パパのストーカーのナナは、パパが庭仕事をしているのが、ショック爆弾
左端にパパの姿が見えるでしょう?



DSC_6152.JPG

さて、終ったから、これから、ロング散歩だね犬(足)







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これからは、わんちゃんの事ではないので、スルーして下さいね。

私の母は、もうすぐ、79歳になります。

かなり、腰から膝の痛みがひどくて、ブロック注射ももう効き目がない。

年齢的な事もあり、手術は反対していたの。

でも、後1〜2年の命でも痛みのない生活がしたいという強い希望で、6月11日入院・18日手術と決定。

多分、私が想像する以上の痛みなんだね。

夫婦で、病院に行き、手術の説明を受けた。

「腰部・胸椎脊柱管狭窄症」

手術自体は、今や、ラグビー・サッカー・k−1の選手も受け、現役復活しているの。
みの○んたさんもした手術。

最大のリスクは、母は、心臓が悪く、弁膜症と不整脈がある。

術中・術後ともに、血栓が飛ぶ危険性あり。心臓・胸・脳などに。

他にも、糖尿病・慢性肝炎のためのリスクも、いろいろ・・・

それを説明されても、本人が同意するのなら、いくら心配でも私達は、反対はしなかった。

先週・今週と術前検査に、行っているけど、いろんなお話を聞いてくるし、私にその話をするの。

心臓血管外科の医師も手術チームの一員にはいるとか、先日の術中、心臓が一時停止したとか・・・・・


あれれあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
大丈夫なんだろうか・・・






という事で、入院前から、私は、落ち着かなくて、なんか、手につかない。。。

私にとっては、遠方になる病院に、この体力なしの私が、介護に行けるのか・・・これも心配。

「なるようにしかならない」そう思えたら、楽なのに・・・

体力なしの心配症って、最悪だなぁふらふら


という事で、ブログがお休みでも、私が、くたびれているだけだと思って下さい。
又、時には、気分転換で、皆さんのブログを読み逃げさせてくださーい。






DSC_6703.JPG

無邪気なナナに、かなり救われています揺れるハート






「神よ。変える事の出来るものについて、それを変えるだけの勇気を我らに与えたまえ。
変える事の出来ないものについては、それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。」





いつもは、無信心な私が、お墓参りにも行って来ました・・・



ニックネーム えり at 18:35| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする